Loading...
これまでに作った大切なデザイン作品集をご紹介します。

ブログ

新型コロナウィルスによる【TV業界の復活?】

ブログ

瓦版。それが日本最古の広告ですわ。

それは、江戸時代にその地域の事件の速報記事を一枚刷りしたもので、それを売り歩いたのだそうです。

ひとは事件などに興味を持つので、そりゃ飛ぶように売れたでしょう。

それがマスメディア(大衆媒体)の始まりです。

 

現代には様々なマスメディアがあり、4マス(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)という媒体が、時代を引っ張ってきました。

人々は興味のある媒体に集まり、人が集まるその媒体に企業は広告費を費やす。

その広告を見た視聴者が、その企業が販売している商品を購入するようになる。

そうして、世の中の4マスは大きな波を作っていきました。

 

しかし近年、インターネットの出現で多くの視聴者がテレビから離れて行きました。

企業側もその流れに沿うように、テレビCMの広告予算をインターネットに移行することとなりました。

しかも、テレビの視聴率というあいまいな指標に対して、インターネットでの広告はターゲット層への的確な広告と、その後の行動指標までもが測れるため、企業の広告費の移行はいわば当然の結果と言えるかもしれません。

 

特にyoutubeの存在は、同じ動画という媒体と画期的な仕組みの中で、凄まじい視聴率を叩きだしています。

あなたは知らないかもしれないけど、youtubeはGoogleのサービスの一環です。(ちなみにインスタはfacebook)

この世界的に膨れ上がったyoutubeが最強のマスメディアとなりました。

 

テレビ業界は終わった。そういう話も出始めました。

 

 

そして、新型コロナウィルスの発生です。

—————————————————————————————————————————————————————————

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々。そしてご家族・関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者はじめ、行政の皆様等、感染防止にご尽力されている皆様に、深く感謝申し上げます。

————————————————————————————————————————————————————————–

志村さんの死。あの日から日本人の意識が変わりました。 

テレビでは、連日志村さんのコロナ感染の情報や追悼番組が流れました。

会ったこともないおじさんの死が、こんなに悲しいことは私の人生ではもうありえないでしょう。

多くの人がそんな風に感じたことだと思います。

 

憎っくき新型コロナウィルス。

となるところではありますが、厚生労働省のデータでは

例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。

え。1万人、、、。ぎょえーーーー!ですよね。毎年1,000万人の人がインフルエンザに感染して、1万人の人がお亡くなりになってるんです。大変だぁ。大変だぁ。(しかも世界では50万人、、)

インフルエンザに感染しないように、お店閉めて、外出やめて、誰とも会わないようにしよう〜。

 

って、なります?

なりませんよね!そんな気持ちで毎年過ごしていたら、自分自身の生活も世界の経済も終わりです。

 

今の世の中、コロナウィルスに過剰に反応しすぎていませんか?

私が軽視しすぎているのですか?(田舎もんだから?)

 

ならなぜ毎年インフルエンザウイルスに感染してお亡くなりになった人を取り上げないのでしょう。なぜ、連日のようにインフルエンザの感染者数をこぞって放送しないのでしょう。

、、、。

そうです。みなが関心がないからです。

大衆が関心を持つことを放送する→視聴率アップ→企業が広告費を出す。

これがマスメディアのあり方だからです。

 

こんな観点から語って申し訳ないのですが、コロナウィルスに関する情報を過剰に広めてしまっては、飲食業はもちろん、多くの業界が死にます。これは、コロナウィルス感染の死者数どころでは済まない可能性さえ出てきます。

 

そんなに危険なのでしょうか。軽視しすぎでしょうか。

毎年1万人お亡くなりになっているインフルエンザワクチンも「今年のワクチンは作り間違えた」みたいなことも言ってたし、あれだけ話題になったSARSやMARSだって、いまだに薬が開発されてないみたいだし。

 

おそらく新型コロナも終息なんてありえないです。

なのであれば、1日も早く通常の生活に戻すべきだと私は思うのです。

でないと、経済破綻→自殺や犯罪が増える。という最悪のストーリーが始まります。

 

本来、国民を安心させる存在であるべきマスメディアが連日のように「コロナショック」を煽る。こんな世の中はあきまへん。

 

今回のことで、ものすごくわかったこと!

インターネット=みんなが同じものを見ているという意識が薄い。

テレビ=みんなが同じものを見ているという意識が高い。

今の非常事態のおかげで、おそらくテレビの視聴率は上がったのだと思います。なぜなら、怖がっている大衆は、みんなが得ている情報を見たいから。

 

これがテレビ業界の復活!?

ならなおさら終わりだわ。